他の広告との違い

インターネット上では動画広告だけではなく、テキスト広告やバナー広告と呼ばれるような種類の広告も存在しています。それでは、動画広告はテキスト広告、バナー広告と比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

動画広告の特徴となっているのは「伝えることができる情報量が多い」ということです。動画に加えて音声も情報として使用することができるため、しっかりみてもらうことができるような動画を作ることができれば、テキスト広告やバナー広告とは比べ物にならない程の情報を伝えることができます。その分、制作が難しい点と、広告の出し方について注意しなければスキップされてしまう可能性が高くなる点が弱点です。

テキスト形式の広告は、他の広告に比べて非常に簡単に作成することができます。訴求力のある文章を書くというスキルこそ求められるものの、特別な技術が必要なものではありません。その代わり、伝えることができる情報量はどうしても少なくなります。

バナー広告はその中間的な存在です。制作は動画よりも簡単ですがテキストよりも難しく、伝えられる情報量も動画に比べると少なくテキストに比べると多くなります。昨今では、フラッシュを使った動画バナー広告などもあります。

認知拡大動画

広告動画の種類として、次に紹介するのは「認知拡大動画」についてです。認知拡大動画は、その名前の通り自社の製品やサービス、あるいは自社自体についてより多くの人に知ってもらうための動画のことを言います。主に新しい製品やサービスの販売を始めた際などに使用されることが多いでしょう。SNSとの親和性が高いもので、より多くの人に広めてもらう事ができるような動画が制作されることになるのが一般的です。

始めてみた人にとって「驚き」を与えるような動画や、見ているだけで「面白い」動画などがこのタイプの広告動画として効果的になります。こういった動画は、その動画を見た人が、また友人知人に対して広めてくれる効果が期待できるためです。そのため、商品やサービス自体の情報については単体ではそれほど示されていない動画が多いでしょう。

また、昨今では多くなっている動画サイトのアフィリエイト広告を利用することによって収益を得ることを目的としているのもこの認知拡大動画となります。その動画がより多くの人に広められ、見て貰う事自体が収入を生み出す仕組みとなっているため、商品やサービスなどの広告を行う必要がなく、単純に面白いことや驚くことにフォーカスできます。